瀬戸内海 屋島の思い出

坂井工業所 エクステリア・ガーデニング事業部

屋島は瀬戸内海国立公園にある海抜293メートルの半島形溶岩台地である。頂上部が平坦で、その形状が屋根に似ている所から屋島と名づけられたという。四季を通じてその展望は瀬戸内海随一といわれ、南国の陽光は、備讃瀬戸の島々に惜しみなくふりそそぎ、山上の各所にある展望台からは、ゆきかう大小の船舶、讃岐平野が一望でき、眼下には檀ノ浦の古戦場が広がる。観光と史跡のロマンにあふれた屋島は、各種交通機関を利用でき、高松市内から至便の地にあり、山頂は舗装された周遊道路が完備している。

坂井工業所 エクステリア・ガーデニング事業部

那須野与一と扇の的

時代時間を感じました 画像に写る島が女木島(鬼が島伝説が残る島)

まだまだ行きたい所がたくさんあります 金刀比羅 小豆島 TVでよくみる

ベネッセが経営するアートサイト 直島 是非とも行きたい子供と行きたい

しだいです 皆さんはいかがですか?


両軍は戦い疲れ、平氏は沖に源氏は浜へと分かれ、夕暮れ近い波間をにらみ合っている。そこへ、平氏から、女官を乗せた一そうの船が近づいてくる。船の上には手招きする一人の女官と、竿の先に立てた赤字に日の丸を金箔で押した扇。義経は家来に「誰か、あれを射落とせるものはおらぬか」と問う。「それには下野(栃木県)の住人那須与一宗高がよろしゅうございましょう。空飛ぶ鳥も、三羽ねらえば、二羽は必ず射落とすほどの名人でございます」。こうして呼ばれた与一は、まだ二十になるかならないかの小柄な若武者。「射損じては御大将の名誉を汚すことになります。どうかお許しください」と辞退したが、許してはもらえなかった。死を覚悟した与一は、馬にまたがり海に乗り入れる。
そして、与一の矢は見事に扇を射抜き、両軍からどっと賞賛のどよめきがわき上がった
https://sakai-kogyo.jp
坂井工業所エクステリア・ガーデニング事業部

関連記事

一宮市の外構工事現場

こんにちは(´▽`*) 前回のブログに引き続き、一宮市のリフォーム工事現場をご紹介させていただきます!   ∇   土間コンクリートを打つ際は、ひび割れ防止の為にスリットを入れて施工していきます。 今 …

一宮市でリフォーム工事完了しました(^^)/

こんにちは(^^♪   今日はリフォーム工事が完了いたしましたのでご紹介いたします。   以前もご紹介させていただいた現場ですがこんな感じに生まれ変わりました。   &n …

一宮市で素敵な外構工事が完成いたしました!

  こんにちは(´▽`*)   ブログで度々ご紹介させていただいた現場が完成致しましたのでご紹介させていただきます! ▽先日ご紹介させていただいたブログはこちらになります。 一宮市で完成間際の現場 ▽ …

ヒマワリの芽!

はやくも ちぃちゃな… 自然の力を感じますね この中から立場なヒマワリが咲くかな ジョリパットの下地完成 イイ感じ 次は色を付けましょう坂井工業所エクステリア・ガーデニング事業部でした…https:/ …

一宮市のリフォーム工事が完成!

こんにちは(´▽`*) 一宮市のリフォーム工事が終了致しました! 今回はこちらのご紹介です。 ∇ カーポートはこんな感じになりました。 YKK APさんの ‘‘エフルージュ ツインEX‘‘ が2つ並ん …